2011年07月24日

デートと出費

男の人にとって、デートでかかる費用はかなり痛い出費になります。

特に初デートでは、自分をよく見せたいためにちょっと無理をしがちになって男性陣の負担が大きいのです。

女性側としては、おごってもらって当たり前派とある程度は割り勘でいい派、完全に割り勘派と大きく分けて3タイプがいるようです。

この場合おごってもらって当たり前の考えの女性は、男性としてはお断りしたいですね。

おごっても、お礼を言わない人が多いからです。

せっかくのデートで御馳走したり、プレゼントをしてもお礼をいうどころか

やってもらって当たり前の顔で、ひどい女性ではケチを付けることもあります。

連れて行ってもらって、やっぱりあっちが良かっただの、あそこのお店は安いだの、おいしくなかっただの言われれば男性はもうその女性への気持ちはなくなっていることでしょう。

女性は着飾っているのだから、デート代を払わなくてもいいと考えるのは男性からすればおかしい話なのです。

たまにのデートでなら「今日は僕が持つよ」と思わせる法が男性の受けもいいことを知っておいた方がいいでしょう。

なぜなら、まだ20代の頃はデート代は男性に支払ってもらって当たり前でもまだいいでしょうが、そういう女性は売れ残りやすい覚悟もしてくださいね。
posted by jmz99 at 10:50| 恋愛マニュアル