2011年07月23日

エンゲージリング

プロポーズをする際に男性側が用意する"エンゲージリング"は給料三ヶ月分を目安とした金額の指輪を贈ると言われてきました。

最近の結婚ではどれくらいの値段の指輪を贈っているのでしょうか。

宝石店員さんに聞いてみると、相当高価な指輪を選ぶ人は少ないとのこと。

中にはエンゲージリングと結婚指輪を一緒として、彼女に好きな指輪を買ってあげるひとも多いのだとか。

と言うことはプロポーズの際のリングは昔と違って重要性はないのかもしれない。

そう思って調べて行くと、中には高価なエンゲージリングを贈ってくれないと結婚してあげないという女性もいるとのこと。

一人の男性は200万円近い指輪をねだられ、買ってくれないなら結婚しないと言われ気持ちが冷めてしまったようです。

もう一人の男性は、今現在お悩み中で自分の給料の10倍近い金額の指輪をねだれているようで、親に資金援助してもらうか、彼女に違う指輪にしてもらうかとても悩んでいるようでした。

私的には、結婚後お金問題で苦労するのが目に見えているので、最初の男性みたいに破談にした方がいいと思うのですが…。

最近では結婚指輪をしない人もいるみたいで、結婚=指輪と言う図式は少しずつなくなっているのかもしれませんね。

本当にお互いを思いあっているなら、物に執着はしないのかもしれないですね。
posted by jmz99 at 20:45| 恋愛マニュアル